IDA Session Records

井田 昌之の日々の記録。自己紹介等。

ARIS2008

ニューヨーク行きの飛行機の中で、USATodayを見ていて、ARISの記事が出ていた。American Religious Identification Surveyというもので、最初が1990年、次が2001年、そしてARIS2008、つまり2008年の集計結果が3月になって発表されたのである。アメリカ人が自分はどの宗教を信じているかという統計である。

第1位はカトリックで25%、第2位は18%でバプテスト、第3位はメインラインプロテスタントで12%。。。というものである。メインラインプロテスタントである基本的な3つの教会をあわせてよりもバプテストが多い、というのが私にとっての新鮮なおどろきだった。またこの下の方に、Non Deniminationalが3.5%とある。これは約2%前回より増えている。ちなみにメインラインプロテスタントは前回に比べて3%強減っている。Non Denominationalというのは、基本的にメインラインには飽き足らない人たちというだけだと思っているので、包括的にはメインラインは15%ということとおもう。なお、無宗教と答えた人は15%。85%の人がなんらかの宗教を信じていると答えて、かつ、その中の58%が伝統的な宗派の信者だということになる。相当数の人に対してのアンケートであるので、データに対する信頼はそれなりにあるとみなせる。その元データはPDFで入手可能。

コメントする

Written by masa-ida

4月 4th, 2009 at 3:23 pm

Posted in 家族生活

Tagged with

Leave a Reply